福山ファミリークリニック

脳神経内科

写真の説明を入れます
ご案内
神経内科は、精神科や診療科とは違い、脳に関する病気を取り扱う科です。
精神科・心療内科とは違う科です。
精神科は精神疾患を専門に扱う科です。
わかりやすく言えば心の症状、心の病気を扱う科であるということです。心の症状とは、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などのことです。
神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときにこのような病気を疑います。
症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、ものわすれ、意識障害などたくさんあります。
まず、全身をみれる神経内科でどこの病気であるかを見極めることが大切です。その上で骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科に、精神的なものは精神科にご紹介します。
また、感じることの中には見たり聞いたりする能力も含まれますが、眼科や耳鼻科の病気の場合もあります。
神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる病気を扱います。まず、神経内科でどのような病気か診断し、手術が必要な病気の場合は脳神経外科にご紹介します。脳神経外科は外科ですので、基本的に手術などが必要な病気を扱います。
脳腫瘍や脳動脈瘤などが脳神経外科でみる代表的な疾患です。
ご自分の症状について不安や悩みがある際は、まずは担当の医師にご質問ください。
ご注意
精神科と間違われて来院された方は、的確な診療ができないため受付にてお断りさせていただく場合があります。ご了承ください。

<< 前のページに戻る

福山ファミリー
クリニックとは?